平成30年度の募集要綱掲載いたしました。

受講者募集は、5月1日から6月15日までとなります。

運動器リハビリテーションセラピストとは、以下の相違点があります。

@ 整形外科勤務者以外でも受講できると共に、勤務先が変わっても再

  受講なく、すに算定できます。

A 運動器(V)・脳血管及び廃用性(U)と(V)で(V)の点数が

  算定できます。

B セラピストと同様に、運動器(T)と(U)での(V)の算定ができ

  ます。

  運動器(U)の届出におけるPTみなし扱いが適用されます。、

※ 施設基準ごとに一定の勤務要件が必要となりますが、詳細は、厚生労

働省HPをご覧下さい。

※ 介護保険の通所リハビリテーション(1時間以上2時間未満)を医療

機関で実施視する場合に、基本単位数がPT等と同様に算定できます。

※ 目的、受講資格等詳細は、後段の「技能講習会概要」をご覧下さい。

 

平成30年度開催要綱

募集期間 平成30年5月1日から6月15日

募集人数 40名 最低実施人員 20名

※ 中部地方会で開催できない場合は、他の開催地をご紹介いたします。

開催期間 平成30年7月から平成30年1月 日祭日 20日間 

受 講 料 協会に入会した者  100,000円

     会員外の者     180,000円   

     会員外は、試験料2万円が別途必要となります。

※ 新規入会を含め、会員として受講された場合は、受講翌年度

から3年間協会に在籍をお願いいたしております。

※ 協会入会金 3.000円  年会費 20.000円 

  別途同時加入する関係団体会費 1,000円                    

 <問合せ・申込み>

 募集要項等を送付しますので、返信封筒(A4サイズ)に140円切手

を同封し、下記まで  e−mail にても受付

 

≪講習会事務局≫

  〒501-2105 山県市高富2427番地8

        可知謙三

   пi0909663-3087 e-mail nhptachk@ybb.ne.jp      

 

≪技能講習会概要≫

1.目的

理学療法士以外の理学療法従事者であって、医師の処方指示の下に運動

療法・機能回復訓練等のリハビリテーション医療に従事している者に対

し、知識技術を習得させるために講習会を実施し、もって国民の医療・

保健福祉におけるマンパワーとしての活用を図るとともに、運動療法等

を実施する施設において資質の高い経験ある従事者としての役割を確立

することを目的とする

2.実施団体

厚生労働省の指導監督を受け、公益社団法人全国病院理学療法協会が実

施する。

3.受講資格

<受講対象者>

@ 病院、診療所その他の施設において、医師の指示のもとに運動療法・

  機能回復訓練等のリハビリテーション業務に従事している者

A 介護保険施設・有料老人ホーム・老人ケアハウスまたは介護保険に

係わる支援事業所・サービス事業所その他の福祉施設などで、運動

療法・機能回復訓練等の企画立案及び業務に従事している者。

※ 従事予定者も受講できますので、お問い合わせください。

<受講資格>

上記@Aに該当し、下記の資格を有する者。

@ 本協会会員で受講を希望するマッサージ・はり・きゅう師柔道整

     復師、看護師・准看護師

A 会員外で受講を希望する マッサージ・はり・きゅう師柔道整復

     師、看護師・准看護師

   ※ はり師、きゅう師のみの免許所持者は受講できますが、診療報酬

   等の算定要員になりません。

4.講習の内容

実講義 106単位 視聴覚講義 70単位 課題レポート3題(24単位)

修講には、講義の8割の出席が必要となります。

 



運動器セラピストは、実講義6・視聴覚講義14単位が免除されます。